ラクに痩せられる脂肪吸引と注射ってどんな治療法なのか

信頼できる病院の探し方

美容整形

注射だけで顔とボディ全体が痩せていきますが、ただ打つだけでは効果が出ず、結局ほうれい線が深くなったり左右非対称になったりなどのトラブルが出てきます。このような失敗をさせないためには、脂肪溶解注射を施す医師に脂肪吸引の知識や技術が備わっていることが前提になります。特に脂肪溶解注射は経験だけではなく、触って打つ場所を把握しなければいけませんから医学知識がないと話にならないでしょう。脂肪吸引の事を深く知る医師は脂肪の下にある骨と厚み、そして深さについてとてもよく知っています。そして、どの箇所を重点的に吸引すべきなのか、逆に減らさない方がいい部分はどこなのかという点についても知っているので、脂肪溶解注射もそれらの知識に従い安心安全に打つことができます。美容整形外科で脂肪吸引や注射を使って痩せるには、病院にこだわらず、担当する医師で決めましょう。実績と知識があっても、やらせてみたらへたくそだったなんて話もあります。やはり、仕上がりの良さは医師の腕にかかっているので担当医の経歴や今まで携わってきた症例の数、肩書から判断し、カウンセリングで信頼できそうか図ることも大切です。

施術をする上で最も大切なのはカウンセリングです。このカウンセリングで医師と患者の間に信頼関係が生まれるといっても過言ではありません。また脂肪吸引や脂肪溶解注射の説明を丁寧にすると30分以上はかかるでしょう。カウンセリングに力を入れるところは一時間とることもあります。しかし、カウンセリングをした本人がやらず、別の医師が脂肪吸引や脂肪溶解注射を行った場合、傷が目立つところに出来てしまったり、知識なしで吸引したことによる凸凹が発生したりなどのトラブルが出てきます。痩せたい、ボディラインを整えたい、傷は残したくない、残すなら目立たないところが良いといった要望は、カウンセリングを担当した人物が理解しているはずです。患者の思いや要望を共有するという部分で考えればカウンセリングは施術を担当する医師が行うこと、また術後のアフターケアもその医師が行うべきといえるでしょう。そして術後の腫れや痛みなどの症状も、実際に手術を行った医師自身に診せる方が一番安心しますし、処置の仕方に間違いがありません。それを踏まえた上で美容整形外科を探していきましょう。

カウンセリングの質や技術の有無もそうですがキャリアにも注目すべきです。例えば、全くの初心者が料理をした場合、食材の切り方から何まで滅茶苦茶な場合がほとんどですが、毎日作り続けると調理のコツやポイントが分かってくるので料理が上手になります。それと同じように、脂肪吸引や脂肪溶解注射も、数多くの症例をこなせば徐々にうまくなっていくものです。そうするとキャリアは10年以上ほしいでしょう。20年から30年以上あれば技術共に文句なしです。とは言え、見た目は明らかにできそうな医師も美容外科勤務が浅く知識もそこまでないパターンもあります。実際、そういう医師は沢山いるのでリスクが高い脂肪吸引や脂肪溶解注射を受ける際は、気にせず経験を聞いてみましょう。これも美容整形で失敗しないためです。後は一つの美容整形外科だけではなく、セカンドオピニオンとして別の医師に意見を求めても良さそうです。また違う見解が聞けますし、経験値が違えば脂肪吸引のやり方や脂肪溶解注射の種類も豊富に取り揃えているかもしれません。

To Top