ラクに痩せられる脂肪吸引と注射ってどんな治療法なのか

傷跡と気になる効果

美容整形

脂肪吸引による傷口は方法と担当する医師の技術で左右されます。また、その人の体質やケアの仕方でも残りやすくなるので、施術をする前に傷口を目立たなくさせる方法を知っておくと便利です。脂肪吸引をした後の傷が完全になくなるまでに必要な期間は一年です。早い人だと半年あればいわれないとわからないくらいまで薄くなります。また、傷自体が虫に刺されたような感じなので目立たないのはそのためでしょう。傷の様子がサイトに掲載されているので程度を知るため見ておきましょう。顔の脂肪吸引の場合、傷は耳の後ろや顎の下なので手術後数か月すればほとんどわかりません。二の腕の傷はひじにつくので、跡が残ったとしても虫刺され程度にしか認識されないでしょう。お腹の脂肪吸引は、二か所に穴をあけて吸引しますが、こちらも二か月すれば内出血の後は確認できません。太ももも同様に、下着で隠れるレベルの傷なので心配はないでしょう。とはいえ、脂肪吸引で出来る傷の位置によって目立ちやすくなるので大手美容外科は目立たない且つ、吸引しやすい場所を選定し、慎重に吸引します。ですから、すごく目立つということはないでしょう。脂肪吸引でできてしまった傷については丁寧に縫ったり傷を保護するものを貼ったりするといいです。後は気になっても傷口には一切触れないことです。

傷を目立たなくしたいなら脂肪溶解注射がおすすめです。大手美容整形外科がおすすめする脂肪溶解注射は脂肪細胞へ直接作用する他、ダイエットでは落としきれない皮下脂肪を注射一つで減らせます。後はスリムな体型を維持するためにカロリーの少ない食べ物を一食置き換えるだけでOKです。脂肪溶解注射を打った後は、美容整形外科の医師がその人に合う痩身プログラムを作成し、脂肪燃焼サポートを実施します。ちなみに、ジョギングや水泳で体を動かしてもその後に沢山食べたらプラマイゼロです。また、足を細くするために自転車こぎを何時間も行えば、余計筋肉がついてしまい不格好な下半身になることもあります。それを考えるとやはり、激しい運動をして思ったような体型にならないよりは、美容整形外科がおすすめする脂肪溶解注射で自然に落とした方が華奢になります。さらに、脂肪吸引のように穴を数か所開ける必要がないので、施術後はどこに注射の跡があるのかわからない状態です。痛みや腫れはほとんどなく、施術した後シャワーやお風呂に浸かっても大丈夫です。脂肪吸引で気になる脂肪をなくすというのもありですが、皮下脂肪と内臓脂肪を同時に燃やすとなれば脂肪溶解注射も捨てがたいです。

To Top